住みたい部屋に出会う 賃貸物件探し

住みたい部屋に出会う 賃貸物件探し

一戸建て感覚

賃貸住宅の間取りにおいて「メゾネットタイプ」と表記されている物件があるのですが「メゾネット」って一体どんな賃貸住宅の事を言うのだろうかと疑問に感じた人も多いはずです。
メゾネットタイプの住宅は住居内が2階層以上に分かれていて簡単にいうと内階段があるアパートです。
賃貸マンションや賃貸アパートは一般的にはフラットタイプなのでそれに対してメゾネットタイプと呼ぶようで2階建て以上の一戸建てはメゾネットタイプには該当しないそうです。
ロフトとも違ってマンションやアパートでありながら2階建て以上の一戸建ての住宅のような構造をとりいれています。
供給数の割合は少ない様で希少価値があるとも聞いています。
メゾネットタイプのマンションで住戸を上下に重ねる場合は1階と2階で1住戸とする場合と1階と2階部分の半分で1住戸とする場合があり複雑な形状のマンションでは上層部と下層部だけがメゾネットタイプでその他の階はフラットタイプになっている事も多いそうです。
賃貸のアパートでは一戸建ての住宅を縦半分に分けた形状が多くメゾネットタイプと表記されている事が多いそうです。
同じ様な構造で「テラスハウス」とか「タウンハウス」と呼ばれる賃貸住宅もありますが使い分けが明確でないだけで構造はメゾネットタイプと同じだと聞いています。
メゾネットタイプの賃貸住宅に住むメリットは一番には何と言っても一戸建てに住んでいる気分が味わえる事で開放的で風通しや日当たりに関してフラットタイプよりも断然有利です。
次には上階からの騒音や下の階への騒音への心配がない事で特に小さな子供さんのいる家庭にはお勧めです。
上には子供部屋に玄関のない階は寝室にするなどプライベートを確保できるのもメゾネットタイプの魅力です。
反対にデミリットもあって室内に階段がある為に有効面積が減る事とバリアフリーにはしにくい事と家事の導線が長くなる事です。
小さな子供さんがいる家庭では階段がある為に危険性が伴いますしお年寄りや体の不自由な方には不便に感じられる事です。
多くの場合はリビングダイニングと階段のスペースが一体化になっているので冷暖房の効率が悪く光熱費がかさむ事も考えられます。
マゾネットタイプのメリットとデメリットは一戸建てにも同じ事が言えて集合住宅の中では一番一戸建てに近い住宅です。
私がもしも賃貸住宅に住むのであれば絶対にメゾネットタイプに住みたいと思います。
集合住宅なのに一戸建て感覚が私にはたまらない魅力です。

Copyright (C)2017住みたい部屋に出会う 賃貸物件探し.All rights reserved.