住みたい部屋に出会う 賃貸物件探し

住みたい部屋に出会う 賃貸物件探し

値引き交渉をする

賃貸住宅を借りる場合に家賃や初期費用の値引き交渉をする人はいるのでしょうか?
実は私は賃貸住宅の家賃や初期費用は安くならないと思っていました。
ですが実は賃貸住宅も値引き交渉すれば家賃や初期費用が安くなると聞きました。
知り合いが以前に不動産会社で営業マンとして働いていたので実際にどれくらいの人が値引き交渉をしたのか聞いてみると家賃に関しては2割以下で初期費用に関しては年間に一組から3組程度で皆無に等しいと言っていました。
実際に契約の際にも多少値引きしてもいいなと思っていても何故か値引き交渉をしてくる人は殆んど無く反対にもっと値引き交渉をしてくれてもいいのに…と思ったそうです。
家主さんと交渉をして絶対に値引きできると言う確証はなくても反対に1円も値引きして貰えなかったと言う事はなく僅かでも値引きはしてくれるそうです。
家主さんにすればいつもお世話になっている不動産会社の営業マンが頭を下げて値引き交渉してくればよほどの事情がない限り絶対に値引きはしないなどと言う様な頑固な態度は取りません。
今後もお世話になる為にはある程度仕方のない事かも知れないと思う訳で値引きせずに空室にするよりも多少値引きはしても契約した方が利益に繋がる物です。
家賃に関しては5000円とは言えませんが1000円や2000円は大抵値引き出来るそうです。
賃貸住宅の多くは家賃の値引きが可能で値引き交渉が実現するのかは担当する営業マンと家主さんの新密度が大きく影響すると覚えておいて下さい。
駄目もとで値引き交渉磨るのも一つの方法だと思います。
家賃が値引きしやすい物件もあるようで営業マン的には長期間空室の状態が続いている物件で特に3ヵ月以上空室の状態が続いている物件は狙い目だと言っていました。
その理由は誰にでも解るでしょうが例えば家賃が7万円の物件が3ヵ月空室の状態が続くと家主さんにとっては21万円の損失となり家賃を1万円上げても約2年近く損失を埋めるための期間が必要となります。
ですが実際には値上げをすればより入居者は見つからず空室の状態が続く事の方は誰にでも解る事です。
それならば家賃を1万円下げてでも早く入居して貰った方が損失が少なくて済むからです。
次には低層階にしか空室がない物件です。
賃貸住宅は圧倒的に高層階が人気が高く高層階になるほど家賃が高くなる事は誰もが知っている事です。
その為に低層階は家賃が安いうえに空室が長期間続くと早く入居してもらいたいと家主さんが願う為に家賃の値引き交渉もしやすいそうです。
最後に繁忙期を過ぎても入居者が決まらない物件です。
賃貸物件の繁忙期は年に2回あって3月から4月と7月から8月です。
その期間に入居者が決まらない物件は10月から11月に値引き交渉すると成功率が高く狙い目だと聞きます。
特に年末が近づくと家主さんも物入りとなって家賃の値引きをしてでも敷金や礼金などのまとまったお金が手に入り助かるのです。

Copyright (C)2017住みたい部屋に出会う 賃貸物件探し.All rights reserved.