住みたい部屋に出会う 賃貸物件探し

住みたい部屋に出会う 賃貸物件探し

仲介手数料を払う

賃貸住宅を契約する際には不動産会社に仲介手数料を支払わなければなりません。
その金額は宅地建物取引業法に家賃の一カ月分と定められているようです。
ですがそれは上限で近頃では「仲介手数料半額」をうたう業者が増えてきていると聞きました。
仲介手数利用の条件などには不動産会社によって違いがあるようです。
もしかすると仲介手数料を支払わなくても良い場合があるのではないかと思い調べてみると貸主は仲介手数料を受け取ってはいけないと言うきまりがあって業者と貸主が同じ場合は例えば直接物件を管理している不動産会社であれば仲介手数料はかからないそうです。
ですが稀に関連会社などを間にいれて仲介手数料をとると言うあくどい商売をしている不動産会社もあるようなので注意が必要です。
何故、不動産会社に仲介手数料を支払うのかと言うと依頼主の物件探しや案内、物件や契約についての調査や交渉などを行うからです。
中には自分で駆使して気に入った物件を探しても契約時にはどうしても仲介手数料が必要となるので賃貸住宅を探すのは不動産会社に任せた方がお得かもしれません。
同じ手数料を支払うのであれば不動産会社にはそれに見合った又それ以上の仕事をして貰いたいものです。
それでこそ払う価値があると言う物です。
その為には不動産会社には希望の物件がみつかるまで多くの情報を提供して貰い実際に見学に入った時にはプロの目で見た時のどうか?と言う事を厳しくチェックしてもらい的確なアドバイスを得る事です。
時には貸主と条件の交渉をして貰っても構わないと思います。
中には実際に見学に行く際に同行せずに場所の説明だけして「お客様だけで行って下さい」と言う不動産会社の担当さんもいますが、ある意味気がねせずに気軽に自由に見学できると思われる方もあるでしょうが大きな間違いです。
不動産会社は接客時間の削減をしたいだけで上手くいけば何もせずに仲介手数料が貰えるかも…とたくらんでいるのかもしれません。
そんな不動産会社はもっての外です!
注意して下さい。
更に不動産業者間の情報は全国どこでも共通に検索できる為に条件が同じであればどの不動産会社でも基本的には同じ物件になってしまいます。
そうすると後は扶桑(3)会社の担当さんが如何に依頼主の依頼主の意見を聞くヒアリング能力があるか感性が合うかと言う事になりお客様の立場に立ち親身に相談にのってくれる担当さんに巡り合う事が一番だと思います。
家賃1カ月分の仲介手数料は決して安くはありません。
仲介手数料は何だか損をしたと思うよりも払う価値のある物にしたいものです。

Copyright (C)2017住みたい部屋に出会う 賃貸物件探し.All rights reserved.